Loading...

内装リフォーム

リフォームは、老朽化した建物を新築の状態に戻す修繕工事です。
「悪い状態からの改良・改善」を意味し、壊れたり汚れたり、老朽化したりしている部分を直したり、綺麗にしたりすることを指します。
狩野建築では住まいのあらゆる内装リフォーム工事に対応可能。
間取り変更など大掛かりな工事から、棚取り付けなどの小規模の工事まで、どんな工事でもお任せください!

新築から10年を目安に、内装のリフォーム工事を!

ひとくちにリフォーム工事と言っても、水廻り、外壁、外構など様々な種類があります。
その中で内装リフォームは、室内の雰囲気を大きく変えるクロスの張り替え、床材の張り替え、間取り変更、和室から洋室へのリフォームなどの総称となっています。
リフォームする箇所や用途によっては、水道やガス、電気などの設備工事も併せて行う場合もあります。
ご家族の構成、行動、生活様式によって異なりますが、新築から10年ほどを目安に内装のリフォーム工事を検討すると良いでしょう。

クロス・壁紙張替え

クロス・壁紙張替え

室内の雰囲気を一気に変えられる壁紙のリフォームは、およそ20万円以下でおさまる場合がほとんどで、手軽に行えるリフォームとして人気です。張替え目安は10年程度とされています。

フローリング・床張替え

フローリング・床張替え

フローリング・床の張替えも、室内の雰囲気を一新できる工事として人気です。集成材フローリングや無垢材フローリングなど素材も豊富で、用途や価格によって選ぶことができます。

間仕切りリフォーム

間仕切りリフォーム

間仕切りリフォームはご家族のライフスタイルの変化に応じて行う場合が多く、アコーディオンカーテンやパネルドアなどを用いて、比較的簡単に生活空間を仕切ることができます。

間取り変更

間取り変更

内装リフォームの中でも間取り変更は大掛かりな工事となり、リノベーションと呼ばれることもあります。間取り変更は費用が高く工事期間も長くなりがちなので覚えておきましょう。

和室から洋室リフォーム

和室から洋室リフォーム

家族構成の変化や生活環境の変化に伴う、和室から洋室へのリフォームも人気のある工事です。使いにくくなった和室を洋室へ変更することで使い勝手が良くなり、雰囲気も一新されます。

内装リフォーム工事における制限について

内装リフォーム工事における制限について

内装リフォームを行う際、住まいが快適に安心・安全に過ごせる場所となるよう、建築基準法や消防法によって使用できる内装材が定められています。

具体的には、建築基準法や消防法をもとに、万が一火災が発生した場合には住民が無事に避難するまでの時間を稼げるよう燃えにくい不燃材料・準不燃材料・難不燃材料を使用するよう決められています。
また、シックハウス症候群への対策として建材に含まれる揮発性の化学物質にも規定があり、JASまたはJIS規格の「F☆☆☆☆ (フォースター)」以外の内装材の使用には制限があります。
さらに、建築基準法や消防法が定める内装制限に加え、自治体が独自に制限を設定している場合もあります。

建築基準法や消防法、それに伴う内装制限に関する法令については、一般の方が正しく理解し、一つ一つの建材を確認していくことは難しいです。
狩野建築では、内装制限に関する制度についても、わかりやすく丁寧に説明させていただきます。
気になる方はお気軽にご質問・ご相談ください。

施工実績

川崎市高津区にて内装工事 ~完工~

川崎市宮前区にて 大規模内装工事

川崎市宮前区にて 大規模内装工事

川崎市宮前区にて 大規模内装工事

その他サービスメニュー

内装リフォーム工事/狩野建築のサービスメニュー 新築・増改築工事/狩野建築のサービスメニュー 水廻りリフォーム/狩野建築のサービスメニュー 介護保険工事/狩野建築のサービスメニュー 外壁・屋根・外構工事/狩野建築のサービスメニュー 防犯対策/狩野建築のサービスメニュー

TOPへ